フィギュア予約最大25%OFF+ポイント5%還元!ホビーサーチ

アポロ11号月面着陸 司令船コロンビア + 月着陸船イーグル(1/72 ドラゴン) 購入レビュー



 ← 模型放浪記はいま何位?


ミリタリーモデルで定評あるドラゴン社が
全く新しいシリーズとして立ち上げた

「ドラゴンスペースモデルキット」の第1弾は、
人類が初めて月に着陸した、アポロ11号の
指令船コロンビアと月着陸船イーグルです。

キットは1/72スケールの指令船コロンビアと
月着陸船イーグルがドッキングして月に向かう途中を
完全新金型で再現したものです。


○箱を開けてみるとドラゴンの戦車模型で
見慣れたグレー色できっちりとした
モールドでパーツが整形されているのが
目に飛び込んできます。


○内部構造の再現はいっさいなく、
あくまでも表面を精密に再現した
スケールモデルとして簡単に
組み立てることができそうです。


○サーマルブランケットは、しわの感じが
モールドで表現されているのでゴールドに
塗装するだけで面倒なサーマルブランケットの
表現ができます。

スペースものの模型では、このサーマルブランケットが
一番のやっかいなものでした。

ドラゴンの第二次大戦中のドイツ戦車では
定番のツインメリットコーティングが
モールドされている方法と同じものですね。


○アンテナ部分はエッティングパーツとなっていて
精密感があふれています。


○月着陸船「イーグル」は司令船とドッキング状態で
脚が折りたたまれた状態でしか再現できません。
しかし、ディスプレイスタンドが付属し、
2つの船体がドッキングした状態での展示が可能です。


○着陸状態のイーグルを作りたい方は、
すぐに発売予定のこのシリーズ第2弾
「アポロ11号月面上陸 司令船コロンビア+
月着陸船イーグル w/宇宙飛行士(1/72)」を
購入されると良いと思います。


○さらに1/48でも「アポロ11号 月着陸船イーグル」が
別シリーズで発売されます。
これには司令船はついていません。


○カラーの塗装説明とデカール貼りの指示が
下の箱の裏に印刷されていました。



わたしのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです。
 ← 模型放浪記はいま何位?


posted by 出戻り模型人 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイアノーツの10月の新製品



 ← 模型放浪記はいま何位?


ガイアノーツの10月の新製品は「パールカラー」3色と
リニューアルした「マスキングコートR」です。

どちらも10月22日全国一斉発売です。


●パールカラー

ガイアノーツのパールシルバーはパールカラーの中でも
最高品質とされているビスマス系パールです。

粒子の細かさ発色の良さなどですでに高い評価を得ています。

その他のゴールド、カッパーは着色系パールでこちらも高
品質なパールを使用しています。

各15ml入 メーカー希望小売価格368円(税込)


●マスキングコートR

マスキングコートが完全リニューアルされました。
カット性や剥離性などを見直して、
さらに使いやすくなりました。

今回のリニューアルで乾燥後につや消しに
ならなくなりました。

私も古いマスキングコートを使用してみましたが、
乾燥後に薄くなり過ぎてはがしずらいのが
難点でしたのでこの新製品で解消されることを期待します。

35ml入 メーカー希望小売価格630円(税込)


ガイアノーツHP↓
http://www.gaianotes.com/

わたしのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです。
 ← 模型放浪記はいま何位?


posted by 出戻り模型人 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ・DAKアフリカ軍団ロンメル将軍&司令部将校・戦車上(マスターボックス 1/35)購入レビュー



 ← 模型放浪記はいま何位?




ロンメル将軍と他5体のフィギュアです。

パッケージ見て躍動感がありこれはかなり カッコイイと気になっていました。
とても絵になる構図です。

実際にはなかった場面ですが、実際の記録写真でも
見ているような気にさせてくれます。

アフリカ軍団仕様のIII号戦車も欲しいところですね。
G型あたりでしょうか?

それでYahoo!オークションで探してみることにしました。

わたしのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです。
 ← 模型放浪記はいま何位?


posted by 出戻り模型人 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「タミヤ 1/48 ドイツ88mm砲FLAK37トブルク攻防戦セット」購入レビュー



 ← 模型放浪記はいま何位?


ドイツ88mm砲FLAK37トブルク攻防戦セット(タミヤ 1/48)
 

待っていましたという感じでタミヤの
1/48シリーズで88mm砲が発売されました。

タミヤ1/35のアフリカ戦線仕様の88mm砲は
組み立てまで終えて無塗装のままほったらかしになっているのに
思わず購入してしまいました。

箱を開けてみると繊細なモールドで部品がびっちり入ってます。
キットの半分は88mm砲本体と残りはアクセサリとフィギュアです。
 
○運搬トレーラーもついているので 情景つくりの幅が広がりそうです。

○フィギュアも8体付属しています。

 指揮官、下士官、砲操作手は1/35のものと同じですが、
 なんとロンメル将軍のフィギュアがついています。
 あとはリラックスして砲弾を持っている砲手、 武装した下士官、
 歩兵、無線手が付属します。

○アクセサリも盛りだくさんで砲弾はもちろん、
 砲弾ケース、4種類の木箱、新旧ジェリカン、
 ドラム缶、テント、土のう、作業机、はしご、
 ジャッキ、ツールボックスと工具類、

このキットだけで88mm砲を使ったアフリカ戦線の情景が
狭いスペースでも楽しめてしまうという
たったの2,730円(税込)というお買い得のキットでした。

わたしのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです。
 ← 模型放浪記はいま何位?


posted by 出戻り模型人 at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木製建築模型 1/100 法隆寺 五重塔 発売予定



 ← 模型放浪記はいま何位?



販売元: 小林工芸

予価:  ¥20,790

7月発売予定

日本最古の五重塔として知られる

法隆寺の五重塔を1/100のスケールで
完全立体化しました。


木製独特の色味、深みを活かし

約1400年以上の長い歴史をもつ
建造物の雰囲気を見事に再現したキットです。


各部の装飾には金属パーツを使用し、

木製部分との違いを表現しています。


細部も緻密に作りこまれており、

本物さながらの出来上がりです。


さらにボーナスパーツとして

同スケール「鬼瓦」が付属します。


・木製部品はステイン塗装済み。

・相輪、飾り支柱などはホワイトメタルを使用。
・卍崩し組子などにエッチングを使用。
・組立の難しい屋根部品は組立済み。
・製作参考時間は初心者向けの30時間。
・パーツ点数は 木製部品 約475点 金属製部品 約54点 エッチング1枚(16点)
・本体寸法:160x160x345mm(飾台含む)
・本体重量:900g
・箱寸法 :360x250x55mm


わたしのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです。
 ← 模型放浪記はいま何位?


タグ:法隆寺
posted by 出戻り模型人 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。